評判が良かったので国内線はスカイマークの国内航空券が標準になりました

みんな使っているから信用がある

理由は簡単で信用を確認していたからでしょう。
飛行機はなんといっても安全性が一番大切になります。
となるとそう簡単に格安航空会社を信用して事故などがあったりすると経営側の責任を問われるようなことにもなりかねません。
そのためしばらくは様子を見ていたものの、かなりの実績も積んできて大手比較しても見劣りしないという判断が出来るぐらいになったので、今回のお達しになったものと考えられます。
これに対する社員の反応は当然だなという感じで受け取っているようでした。
既に大方の人がスカイマークを使用するようになっていますから別に困る人もいません。
大手を使うような人は自分の周りではいませんから、特にこれまでと変わるということもありませんでした。
変わるのはお達しがでたことで、これがルールとして原則化されるというだけです。
これまではどこの航空会社を使用するかは利用する個人に任されていましたが、これからはここを原則として考えるわけです。
まずはここを利用することを考えてチケットがいっぱいで取れないような時に別の会社をあたるということになりました。

ビジネス的にも格安航空券使うべきみんな使っているから信用がある無駄なサービスは要らない